後期高齢者医療保険料 所得割額の求め方

賦課のもととなる所得 × 7.96%

賦課のもととなる所得とは、前年中(1月〜12月)の総所得金額等から基礎控除額33万円を引いた額となります。

収入が年金のみの方の場合、賦課のもととなる所得は、前年中(1月〜12月)の年金収入額から公的年金控除額(年金の収入額によって控除額が変わります。詳しくは下表をご参照ください)を引き、さらに基礎控除額33万円を引いた額となります。

 

65歳以上の人の年金収入に係る公的年金控除額
公的年金の収入金額(A) 公的年金控除額(B) 公的年金所得控除後の金額
330万円未満 120万円 「A-B」で求めた金額
330万円以上410万円未満 A×25%+37万5千円 「A-B」で求めた金額
410万円以上770万円未満 A×15%+78万5千円 「A-B」で求めた金額
770万円以上 A×5%+155万5千円 「A-B」で求めた金額

 

例1)

前年中の公的年金の収入金額(A)が300万円の方の賦課のもととなる所得及び所得割額

所得割額
公的年金の収入金額(A) 公的年金控除額(B) 基礎控除額(C) 賦課の基となる所得
(A-B-C)
300万円 120万円 33万円 147万円

 所得割額 147万円(賦課のもととなる所得)×7.96%=117,000円

例2)

前年中の公的年金の収入金額(A)が360万円の方の賦課のもととなる所得及び所得割額

 

所得割額
公的年金の収入金額(A) 公的年金控除額(B) 基礎控除額(C) 賦課の基となる所得
(A-B-C)
360万円 360万円×25%+
37万5千円=127万5千円
33万円 199万5千円

 所得割額 199万5千円(賦課のもととなる所得)×7.96%=158,800円

お問い合わせ先
保険年金課後期高齢者医療担当
〒364-8633
埼玉県北本市本町1-111
電話:048-594-5542
ファックス:048-593-2862
メールを送る