石戸蒲ザクラ

(写真)石戸蒲ザクラ

樹齢800年といわれ、日本五大桜として大正11年(1922)10月12日に国の指定を受けた天然記念物。名前の由来は、鎌倉幕府を開いた源頼朝の異母弟である「蒲冠者源範頼(かばのかじゃみなもとののりより)」にちなんでついたと伝えられている。樹種は、和名「カバザクラ」という世界でただ1本の品種で、エドヒガンとヤマザクラの自然雑種と考えられており、毎年4月10日前後に白く可憐な花を咲かせる。

インフォメーション

石戸蒲ザクラの詳細
ふりがな いしとかばざくら
住所 石戸宿3-119 東光寺境内
電話 048-594-5566(文化財保護課)
アクセス JR北本駅西口から北里大学メディカルセンター行きバスで15分、「北里大学メディカルセンター」バス停下車、徒歩約5分
料金 見学自由
営業時間 見学自由
休日 見学自由
駐車場 無料駐車場120台

石戸蒲ザクラ

市内の桜紹介・開花情報

日本五大桜

地図情報

大きな地図で見る(GoogleMapページへ)

  • お得なクーポン情報
  • きたもと観光アプリ
  • 北本イメージキャラクター とまちゃん
  • 北本観光協会
  • 北本フィルムコミッション