宮岡氷川神社前遺跡出土品

宮岡氷川神社前遺跡出土品

宮岡氷川神社前遺跡は、高尾7丁目の氷川神社周辺に分布し、荒川の支谷の谷頭部に立地している。この遺跡では、昭和44・45年の2回にわたって発掘調査を実施し、縄文時代後期~晩期の遺物が出土している。主な出土品としては、深鉢形土器・浅鉢形土器、甕形土器などの破片、土製耳飾、土偶の破片、打製石斧、すり石、石鏃などがある。これらのうち、特に土製耳飾は、造形的にすぐれており、透彫の精巧な細工は工芸品としても価値の高いものである。

インフォメーション

宮岡氷川神社前遺跡出土品の詳細
ふりがな みやおかひかわじんじゃまえいせきしゅつどひん
住所 本町1-1-1 北本中学校 郷土資料室(B棟2・3階)
電話 048-594-5566(文化財保護課)
アクセス 北本駅西口より直進徒歩8分
料金 無料
営業時間 原則、火・木・金曜日の午前9時~午後4時。見学の際は文化財保護課へ事前連絡が必要
休日 土・日・祝

地図情報

大きな地図で見る(GoogleMapページへ)

  • お得なクーポン情報
  • きたもと観光アプリ
  • 北本イメージキャラクター とまちゃん
  • 北本観光協会
  • 北本フィルムコミッション