馬場遺跡出土石皿

馬場遺跡出土石皿

縄文時代中期(約4500年前)ころに使われた木の実などをすりつぶす道具。今で言えばすり鉢に相当する。すりこぎにあたる磨り石を使ってクリやクルミ、ドングリなどを粉にしてクッキー状に加工していたと考えられます。馬場遺跡出土の石皿は大型の優品です。安産岩製の石を方形に加工し、底面に4つの短い脚がついています。全長は32cmです。

インフォメーション

馬場遺跡出土石皿の詳細
ふりがな ばばいせきしゅつどいしざら
住所 本町1-1-1 北本中学校 郷土資料室(B棟2・3階)
電話 048-594-5566(文化財保護課)
アクセス 北本駅西口より直進徒歩8分
料金 無料
営業時間 原則、火・木・金曜日の午前9時~午後4時。見学の際は文化財保護課へ事前連絡が必要
休日 土日祝

地図情報

大きな地図で見る(GoogleMapページへ)

  • お得なクーポン情報
  • きたもと観光アプリ
  • 北本イメージキャラクター とまちゃん
  • 北本観光協会
  • 北本フィルムコミッション