道標「これより石と舟とミち」

これより石戸船渡道

この道標は、馬室(鴻巣市)から石戸宿へ通じる、昔からの鎌倉街道沿いに、享保12年(1727年)に建立されたものである。高さ64センチメートル、幅21センチメートル。荒川は江戸時代から大正時代頃までの長い間、舟運として利用されていたが、この「石と舟と」とは、「石戸河岸」のことと思われる。現在、実物は教育委員会で保管しており、現地には複製が設置されている。

インフォメーション

道標「これより石と舟とミち」の詳細
ふりがな どうひょうこれよりいしとふなとみち
住所 荒井1-222
電話 048-594-5566(文化財保護課)
アクセス JR北本駅西口から衛生研究所・荒川荘行きバスで4分、「石戸三丁目」バス停下車、徒歩5分
料金 無料
営業時間 見学自由
休日 なし

地図情報

大きな地図で見る(GoogleMapページへ)

  • お得なクーポン情報
  • きたもと観光アプリ
  • 北本イメージキャラクター とまちゃん
  • 北本観光協会
  • 北本フィルムコミッション