現在の位置

特定健康診査・特定保健指導

特定健康診査とは

特定健康診査は、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)に着目して生活習慣病の発症を予防するためのものです。40歳以上の人から74歳の人が対象となります。

各健康保険組合が実施するため、受診券の発送時期、契約医療機関、自己負担額、健診項目や保健指導の内容等、ご加入の健康保険によって受け方が異なります。詳しくは、お勤め先やご加入の保険組合にお問い合わせください。

北本市特定健康診査について

対象者

北本市国民健康保険に加入している年度末年齢が40歳以上の人から74歳(受診日時点)の人

(対象者には、5月末に個別に受診券を郵送しています)

実施期間

  6月3日(月曜日)から9月30日(月曜日)まで

実施場所

市内契約医療機関(29か所) 

北本市健康診査実施医療機関一覧
  医療機関名 電話 所在地
1 青木クリニック 592-1033 中央2-59 平井ビル3階
2 安里医院 542-2629 宮内3-1
3 天地クリニック 593-1762 二ツ家4-47-4
4 伊藤クリニック 593-5588 朝日2-304-1
5 大久保医院 591-8171 山中1-52
6 北本駅東口クリニック 593-0311 北本1-81 ASAMIビル2階
7 北本共済医院 591-7111 下石戸下511-1
8 北本共立診療所 592-1641 中丸5-6-8
9 北本整形外科 591-8871 北本1-33
10 北本第一クリニック 591-7622 北本2-185
11 北本中央クリニック 591-2257 本町6-232
12 さくらこどもとおとな診療所 591-2088 栄7-1-27-102
13 さとうクリニック 590-5977 二ツ家1-374 マリオン北本125A
14 鈴木医院 592-1313 中丸8-257
15 桃泉園北本病院 543-1011 深井3-75
16 遠井医院 591-2109 北本1-140
17 楢原医院 542-6582 東間7-242
18 林田内科医院 592-7711 本宿7-67-3
19 ひらお内科クリニック 592-8861 中央3-71-4
20 深井小児科内科医院 591-5958 荒井1-95
21 藤倉医院 592-3045 宮内1-212
22 二ツ家整形外科 590-3344 二ツ家2-107
23 本藤整形外科 592-7667 山中1-167-1
24 まつざき整形リウマチクリニック 540-6463 東間6-71
25 南福音診療所 591-7191 緑4-148
26 山田医院 593-0353 緑3-289
27 山本内科医院 591-5025 中央1-154
28 吉田医院 591-2200 中央1-70
29 よしだ整形外科内科 590-5720 北本3-34

市内契約医療機関の場所については、下記のPDFの地図をご参照ください。

北本市健康診査実施医療機関マップ(PDF:594KB)

自己負担額

  • 40歳から69歳 1,500円
  • 70歳から74歳 800円(令和2年3月31日までに70歳になる人を含む)

持ち物(忘れると受診できません)

  1. 受診券(対象の人には市から受診券を送付)
  2. 国民健康保険被保険者証

健診内容

基本的な健診(全員が対象です)

健診項目一覧
健診項目 内容
問診 既往歴、服薬歴等
身体計測 身長、体重、腹囲、BMI算定
診察 視診、打聴診、触診等
血圧測定 拡張期血圧、収縮期血圧
血液検査 血糖(空腹時血糖、ヘモグロビンA1c)
血中脂質(中性脂肪、HDLコレステロール、LDLコレステロール)
肝機能(AST、ALT、γ-GTP)
腎機能(尿酸、クレアチニン)
尿検査 糖、たんぱく

詳細な健診(実施基準に該当した人のみが対象になります)

健診項目一覧
健診項目 実施基準
貧血検査 貧血の既往歴を有する人、または視診等で貧血が疑われる人
心電図検査

健診当日の血圧が一定の基準に該当、または問診等により医師が

必要と判断した方

眼底検査

前年度の特定健康診査の血糖検査結果が、一定の基準に該当、または

健診当日の血圧が一定の基準に該当し、医師が必要と判断した方

 健診の結果、必要な人には「特定保健指導」や「糖尿病予防教室」等健康教室のご案内をします。

北本市国民健康保険では、30歳以上の加入者を対象とした人間ドック検診・脳ドック検診の補助制度もあります。詳しくは、下記のページをご覧ください。

人間ドック検診・脳ドック検診の補助制度(国民健康保険加入者)

特定保健指導

血圧、血糖、脂質などひとつひとつの数値がそれほど基準をはずれていなくても、いくつかの項目(危険因子)が重なると、急激に動脈硬化を引き起こすことがあり、それが腹囲(腹回り)の増加、すなわち内臓脂肪の蓄積と関係があることがわかってきました。
メタボリックシンドロームとは、そのような内臓脂肪の蓄積が原因で、高血圧、高血糖、脂質異常症などを引き起こしている状態をいいます。
特定保健指導は、内臓脂肪の蓄積を減らすことで、生活習慣病の発症を抑えるよう、医師や保健師、管理栄養士などの専門家が3~6か月にわたり支援をおこなっていくものです。

特定保健指導対象者の判定基準

内臓脂肪型肥満
腹囲男性85cm以上、女性90cm以上、またはBMI25以上(BMIの計算方法

             +
高血圧
収縮期血圧130mmHg以上、または拡張期血圧85mmHg以上

高血糖
空腹時血糖100mg/dl以上、またはヘモグロビンA1c(NGSP値)5.6%以上

脂質異常
中性脂肪150mg/dl以上、またはHDLコレステロール40mg/dl未満

喫煙習慣

特定保健指導判定基準のリスクの数に応じて、保健指導をおこないます。

特定保健指導の案内が届くと、「まだどこも悪くないのになぜ送られてきたのだろう?」と疑問に思う人もいるかもしれません。

特定保健指導は、自覚症状がない初期の段階で、食事や運動などの生活習慣改善の支援をすることで、5年後、10年後に病気にならないようにしていくものです。

今は何でもないからこそ、特定保健指導をきっかけに、より健康に過ごせるよう生活習慣を見直してみましょう。

注意)糖尿病、高血圧症、脂質異常症で薬剤治療をしている人は対象外となります。

特定保健指導対象の人には、9月以降にご案内します。ご案内が届いた人は、ぜひご利用ください。

 

BMI(体格指数)=体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)

北本市けんこう大使とまちゃん

けんこう大使とまちゃん

お問い合わせ先
保険年金課国民健康保険担当
〒364-8633
埼玉県北本市本町1-111
電話:048-594-5575
ファックス:048-593-2862
メールを送る

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。