現在の位置

ひとり親家庭等医療費の助成

ひとり親家庭等医療費制度は、平成27年4月1日から一部が変更になりました。

 ひとり親家庭等医療費助成制度は、母子家庭、父子家庭、父または母が障害者である家庭などの人が医療保険制度で医療にかかった場合の医療費を助成する制度です。
 この制度を利用するためには、市への受給者登録が必要です。

ひとり親家庭等医療費制度について
助成を受けること
ができる人
市内に住所を有し、母子家庭、父子家庭などの児童(18歳になった年度末まで)、および20歳未満で一定の障害のある児童とそれぞれの母または父もしくはその養育者
右記のいずれかに
該当する人は除く
  • 生活保護法の適用を受けている人
  • 施設に入所している人
  • 里親に委託されている人
  • 他の医療費支給事業により医療費の支給を受けることができる人
  • その他
所得制限について 本人またはその同居の扶養義務者等の所得が所得制限限度額以上の場合は、支給を受けることができません。
下記の所得制限限度額表を参照してください。
受給者登録申請
に必要なもの
  • 健康保険証
  • 戸籍謄本
  • 所得証明書(必要とする人のみ)
  • 申請者名義の預金通帳
  • 印鑑
児童扶養手当を
受給している人は
  • 健康保険証
  • 児童扶養手当証書
  • 申請者名義の預金通帳
  • 印鑑

所得制限限度額表

所得制限限度額の一覧
扶養親族等の数 受給者(申請者) 所得額 配偶者・扶養義務者・養育者 所得額
0人 1,920,000円 2,360,000円
1人 2,300,000円 2,740,000円
2人 2,680,000円 3,120,000円
3人 3,060,000円 3,500,000円
4人 3,440,000円 3,880,000円
5人 3,820,000円 4,260,000円

助成の対象となる医療費

 医療保険制度が適用される医療費の一部負担金(ただし、ひとり親家庭等医療費支給事業の自己負担金、健康保険により支給される高額療養費および付加給付金がある場合は、その金額を除いて支給します。)

ひとり親家庭等医療費助成事業の自己負担金

医療費の助成にあたって、次の自己負担金を差し引いた金額を助成します。

自己負担金の額
通院:1,000円/月  医療機関ごと1人につき
入院:1,200円/日  医療機関ごと1人につき

  • 調剤薬局分および治療用装具の製作費については、自己負担金はありません。
  • 市町村民税非課税者の場合は、自己負担金はありません。
  • 中学校3年生(満15歳の年度末)以下の児童の自己負担金はありません。

助成の対象とならない医療費

  • 入院の際の食事代(入院時食事療養標準負担額)
  • 乳児健診、予防接種、薬などの容器代、文書料、入院の際の差額ベッド代など健康保険が適用されない費用
  • 保育所(園)、幼稚園、小学校等の管理下における負傷に対し、日本スポーツ振興センター法に基づく医療費が支給されるとき
  • 重度心身障害者医療費の助成の対象となったとき

助成申請の方法

  • 平成27年4月1日から一部が変更になりました。

窓口払いの必要がない場合

 助成対象者のうち、中学校3年生(満15歳の年度末)以下の児童が、市内の医療機関等(医科、歯科、調剤、接骨院)の窓口で以下のものをご提示いただくと、窓口払いをすることなく診療を受けられます。
 提示は、毎回必要です。どちらか一方のみの場合は、窓口払いが無料となりません。

  • お子さんの健康保険証
  • ひとり親家庭等医療費受給者証

 ただし、次の場合は、窓口払いが無料になりません。いままでどおりに窓口でお支払いのうえ、「ひとり親家庭等医療費支給申請書」を提出してください。

  • 健康保険証もしくは受給者証を忘れたとき
  • 市外の医療機関にかかったとき
  • コルセットなど治療用装具を作ったとき
  • 一医療機関でのひと月の累計負担金額(保険診療分)が21,000円以上のとき

窓口払いの後、申請が必要な場合

 市外の医療機関にかかったとき、もしくは市内の医療機関の窓口でお支払いいただいたときは、「ひとり親家庭等医療費支給申請書」をご提出ください。後日、登録された口座にお振込します。

  • 市内の医療機関等で受診した場合の流れ
    医療費の支払い後、「ひとり親家庭等医療費支給申請書」に必要事項を記入し、医療機関に提出してください(医療機関ごとに1か月に1枚)。医療機関が1か月分の保険診療一部負担金を領収書欄に証明し、市役所へ申請書を送付します。なお、窓口で申請書の受付を行っていない医療機関につきましては、次の「市外の医療機関で受診したとき」と同様の申請方法により申請してください。
  • 市外の医療機関等で受診した場合の流れ
    医療費の支払い後、診療した翌月以降に「ひとり親家庭等医療費支給申請書」に必要事項を記入し、医療機関で「領収書欄」に1か月分の保険診療一部負担金を証明してもらうか、または、医療機関ごとに1か月分の領収書(受診された人の氏名・保険診療総点数の記載のあるもの)の原本をまとめて申請書の裏面に貼り、市役所こども課へ提出してください。
    (注)レシートなどで、受診された人の氏名・保険診療総点数の記載がない場合は、医療機関に申請書の領収書欄に記入してもらうか、受診された人の名前と保険診療総点数を余白に書き入れてもらってください。

福祉部

お問い合わせ先
こども課子育て支援担当
〒364-8633
埼玉県北本市本町1-111
電話:048-594-5537
ファックス:048-592-5997
メールを送る