現在の位置

北本市地震ハザードマップ

北本市地震ハザードマップ表紙

 北本市地震ハザードマップとは、本市に大きな影響を及ぼすと考えられる地震を想定し、揺れやすさ(震度)、液状化の危険度及び建物倒壊の危険度を予測したものです。

 この地震ハザードマップによりお住まいの地域の状況をご確認いただき、家具の転倒防止や建物の耐震化、避難所への避難方法の確認など、日頃からの備えに、北本市洪水ハザードマップとあわせてお役立てください。

北本市洪水ハザードマップ(洪水避難地図)

地震ハザードマップの記載事項概要

(表面左側)地震ハザードマップの解説

地震ハザードマップ(表面左側)

1.北本市で想定される地震
 地震発生のメカニズムと種類の解説及び、北本市への影響が大きいと考えられる下記の2つの想定地震の解説。
  1.関東平野北西縁断層帯の地震 (活断層地震、マグニチュード7.7)
  2.北本市直下の地震 (未知の断層で起こる地震、マグニチュード6.9)

2.地震への備えと心構え
 家具の固定や非常用持ち出し品の準備等、事前に準備しておくべきことと、地震発生時に守って頂きたい事項。

3.地震に関する知識
 混同されがちなマグニチュードと震度の違いと、地震によって地盤が一時的に液体のようになってしまう液状化現象についての解説。

4.耐震診断・耐震改修の支援制度を活用しよう
北本市の住宅の耐震診断・耐震改修のための支援策の紹介と活用のお願い。  

既存木造住宅耐震化事業補助

(表面右側)揺れやすさマップと液状化危険度マップ

揺れやすさマップ

揺れやすさマップ

液状化危険度マップ

 液状化危険度マップ

揺れやすさマップ

 2つの想定地震に対する揺れの大きさ(震度)を評価し、これを重ね合わせて、それぞれの地域で生じる可能性のある最大の揺れの大きさ(震度)を、50mメッシュで表示したものです。

液状化危険度マップ

 それぞれの地域の地形・地盤の特性を考慮して、揺れやすさマップに示した揺れの大きさに基づいた液状化の危険度を評価し、50mメッシュで表示したものです。  

(裏面)地域の危険度マップ

地域の危険度マップ

 地域の危険度マップは、それぞれの地域にある建物の特性(建物の構造と建築年次)を考慮して、揺れやすさマップに示した揺れの大きさに基づいた建物全壊率(地域内のすべての建物の中で揺れにより全壊する建物の割合)を評価し、50mメッシュで表示したものです。

 したがって、この地域の危険度マップは、地震による個々の建物の危険度を表したものではなく、各地域の平均的な建物被害の危険性を相対的に表示したものです。

閲覧・印刷・ダウンロード

北本市地震ハザードマップPDF版 ダウンロード

北本市地震ハザードマップ表面(PDF:4MB)

北本市地震ハザードマップ裏面(PDF:2.1MB)

地震ハザードマップは、広報きたもと(平成21年4月号)と一緒に全戸配布しました。
また、市役所くらし安全課危機管理・消防防災担当窓口においても配布しています。

お問い合わせ先
くらし安全課危機管理・消防防災担当
〒364-8633
埼玉県北本市本町1-111
電話:048-594-5523
ファックス:048-592-5997
メールを送る

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。