現在の位置

協働事業

 協働とは「対等の立場で共通の目標に向けて協力すること」を指します。今後は「参画」、「協働」、「市民公益活動」を一体的に推進することにより、北本市自治基本条例に掲げた「誰もが安心して生活できる個性豊かな自立したまち」の実現を目指します。

(イラスト)協同事業の説明図

北本市協働推進条例

 市では地域の身近な課題を市民と行政とが協働して解決していくための制度を定めた「北本市協働推進条例」を平成25年4月1日に施行しました。この制度は、市民と行政とが協働して行う事業を市民、行政の双方から提案できるものです。

北本市協働推進条例(PDF:142.5KB)

北本市協働推進条例条文解説(PDF:591.5KB)

北本市協働推進条例施行規則(PDF:313.8KB)

市民主役のまちづくりをめざして〜平成25年4月1日「北本市市民参画推進条例」および「北本市協働推進条例」が施行されます(PDF:8.4MB)

北本市市民参画推進条例・北本市協働推進条例制定、北本市市民公益活動推進計画策定までの経過

協働事業提案制度

 協働事業提案制度は、事業を行政へ要望するのではなく、市民と行政がそれぞれ持っている力を出し合いながら、役割を分担し、協働して取り組んでいくものです。次の2種類の提案形態があります。

  1. 市民提案型協働事業
    市民等が、自由に公共的課題を設定し、その課題の解決にあたり、行政と協働することで、効果的な解決が期待できる事業のことです。
  2. 行政提案型協働事業
    行政が課題を設定し、その課題の解決にあたり、市民等と行政の協働により効果的な解決が期待できる事業のことです。

実際には、どのような手続きで提案するの?(協働事業提案制度の流れ)

提案する前に

くらし安全課では、毎年5月に協働事業提案制度の概要や募集内容について説明する「募集説明会」を開催しています。「提案してみたいけれど、まずは制度について詳しい説明を聞きたい」という方は、ぜひご出席ください。

募集説明会開催後には、くらし安全課にて相談を受け付けます。提出書類の書き方など、お気軽にご相談ください。

1 「協働パートナー登録」の申請を行う

協働事業を提案しようとする団体(人)は、あらかじめ「協働パートナー」として市へ提案する年度に登録をしておく必要があります。

協働パートナー登録のページより必要書類を確認し、くらし安全課まで提出してください。

提出後、くらし安全課より「北本市協働パートナー登録可否決定通知書」が送付されます。

2 応募書類を提出する 

「北本市協働パートナー登録可否決定通知書」を確認した後、応募書類を提出してください。

3 1次審査を受ける

2の提出書類をもって、北本市協働推進等庁内委員会にて提案事業の1次審査(書類審査)を行います(7月予定)。

1次審査を通過した場合は、提案事業の担当となる部署を提案者に通知します。

4 意見交換会に参加する

1次審査の結果を受け、提案者と担当部署で意見交換を行います。成案化に向け、必要に応じて提案内容の修正を行います。

意見交換会
実施期間 8月上旬から9月中旬まで
実施回数 必要に応じて複数回実施します

5 公開プレゼンテーションに参加する

1次審査通過者は、公開プレゼンテーションに参加し、提案事業の内容を発表していただきます(10月上旬)。公開プレゼンテーションには北本市市民参画・協働推進審議会委員が出席し、提案に関する質問または意見交換をします。提案者は質問者に回答し、担当部署は適宜提案に対する意見を述べます。

6 2次審査を受ける

公開プレゼンテーションの内容を基に、北本市協働推進等庁内委員会で審査を行います。(10月上旬)

7 事業採択の可否が決定する

2次審査の結果及び北本市市民参画・協働推進審議会の答申を踏まえて、市長が提案事業の採択の可否を決定します。(10月下旬)

8 予算措置を受ける

7の結果、提案事業が採択された場合は、担当部署で当該提案事業に要する経費の予算措置を行います。

9 協定を締結する

新年度予算が可決された後、提案者と担当部署間で協定を締結します。(4月) 

10 協働事業を実施する

協定に基づき、協働事業を実施します。

11 事業評価を行う

協働事業終了後、協働事業者は評価を行い、市長へ提出します。後日第三者評価を行います。

協働パートナー登録

ぴかぴか北本おまかせプログラム(公共施設の里親制度)

 市民の皆さんが市内公共施設の里親となって、清掃美化活動や緑の維持管理をボランティアで行っていただくアダプト・プログラム(公共施設の里親制度)を「ぴかぴか北本おまかせプログラム」として実施しています。
 アダプト・プログラムとは市民と行政とが協働で進める、新しいまちの環境美化促進活動で、アダプト(ADOPT)とは英語で「○○を養子にする」という意味です。一定区画の公共の場所を養子にみたて、市民がわが子のように愛情をもって面倒をみて(=清掃美化を行い)、行政がこれを支援するものです。

参加資格

  1. 市内に居住している人や在勤・在学する人で構成する団体で、年齢は小学生以上であれば参加できますが、団体の代表者は成人に限ります。
  2. 市内に居住している人や在勤・在学する人で、成年に達している個人。
     

ぴかぴか北本おまかせプログラム(アダプトプログラム)に参加しませんか

お問い合わせ先
くらし安全課市民協働担当
〒364-8633
埼玉県北本市本町1-111
電話:048-594-5521
ファックス:048-592-5997
メールを送る

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。