現在の位置

周知の埋蔵文化財包蔵地(遺跡)内における土木工事等(埋蔵文化財関連申請書ダウンロード)

  • 埋蔵文化財包蔵地内において土地の掘削を伴う開発等を行う場合、工事の60日前までに市教育委員会経由で県教育委員会へ「埋蔵文化財発掘の届出」を提出する必要があります(文化財保護法第93条)。

開発予定地が埋蔵文化財包蔵地に該当しているかどうかは、文化財保護課窓口に直接おいでになるか、電話およびファックス(開発予定地の地図を送付)にてお問合せください。

なお、手続きの流れについては、下記のフローチャートを、詳細については、「埋蔵文化財の発掘と保護」をご覧ください。

手続きフローチャート(PDF:83.1KB)

「埋蔵文化財の発掘と保護」(PDF:621.8KB)

届出様式

開発地番が埋蔵文化財包蔵地内に含まれている場合、市教育委員会あてに「埋蔵文化財の試掘調査について」を提出し、試掘調査を依頼してください。

提出頂いた書類をもとに、試掘調査を実施して遺跡の所在の有無を確認します。

試掘調査に係る費用は市教育委員会が負担します。

試掘依頼書式

試掘依頼書式(WORD:32KB)

試掘依頼書式(記入例)(PDF:127.7KB)

 

なお、文化財保護法第93条によって、工事着工60日前までに「埋蔵文化財発掘の届出」 を提出することが義務付けられています。

文化財保護法第93条書式

「埋蔵文化財発掘の届出(93条)」(WORD:47KB)

「埋蔵文化財発掘の届出(93条)」(記入例)(PDF:198.3KB)

この届出に基づいて、県教育委員会より工事立ち会い、発掘調査などの指示が出されます。

発掘調査実施の指示があった場合、諸手続き及び調査の日数により工事計画に影響を与える場合があります。埋蔵文化財包蔵地内での開発を計画されている場合は、あらかじめ文化財保護課までご相談ください。

工事中に埋蔵文化財を発見した場合

埋蔵文化財包蔵地以外の場所や、試掘調査で埋蔵文化財が確認されなかった場合であっても、工事中に土器等の埋蔵文化財と思われるものを発見した時は、現状を変更せずに工事を中断し、速やかに届け出てください(文化財保護法第96条)。

文化財保護法第96条様式

「遺跡発見の届出(96条)」(WORD:45.5KB)

「遺跡発見の届出(96条)」(記入例)(PDF:153KB)

申請受付窓口

文化財保護課文化財保護係

 

お問い合わせ先
文化財保護課文化財保護係
〒364-8633
埼玉県北本市本町1-111
電話:048-594-5566
ファックス:048-593-5985
メールを送る

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。