現在の位置

女性に対する暴力をなくす運動(11月12日から25日)

夫・パートナーからの暴力、性犯罪、売買春、セクシュアル・ハラスメント、ストーカー行為等女性に対する暴力は、女性の人権を著しく侵害するものであり、男女共同参画社会を形成していく上で克服すべき重要な課題です。

国では、毎年11月12日から11月25日(女性に対する暴力撤廃国際日)までの2週間を 「女性に対する暴力をなくす運動」の実施期間とし、国や地方公共団体、関係機関、市民活動団体などが連携して、女性に対する暴力を根絶するための取組みを全国的に行っています。

令和2年度のテーマ 「性暴力を、なくそう」

内閣府 女性に対する暴力をなくす運動 イラスト相手の同意のない性的な行為は、性暴力です。性暴力は、性別や年齢にかかわらず起こります。身近な人や交際相手、配偶者から被害を受けることもあります。

性暴力被害に悩んでいる方を見かけたら、相談先を教えてあげてください。

 

内閣府ホームページ

埼玉県性暴力等犯罪被害専用相談電話「アイリスホットライン」

パープルリボン

パープルリボンを身につけることで、「暴力を絶対に許さない!」という意思を表すとともに、DV・性犯罪・セクハラ・ストーカー等の暴力に悩む女性に対し、「あなたは一人じゃないよ」という励ましのメッセージを伝えることができます。

パープルリボンの作り方は、とても簡単です。
皆さんも、パープルリボンを作って、運動に参加しませんか?

 

パープルリボンの作り方

1.紫色のリボンを用意してください。
色の濃さ薄さは、自由です。
リボンがなければ、布や紙を、リボンのように細長く切ってもOKです。

2.リボンをくるっと巻いて、交差させてください。
リボンが重なった部分を、接着剤やホチキス等で留めれば、完成です。

パープルライトアップ

この期間中、女性に対する暴力根絶のシンボルである「パープルリボン」にちなんで、市庁舎や公共施設をはじめ、商業施設等を紫色にライトアップします。このライトアップにより、女性に対する暴力の根絶を広く呼びかけ、DV・性犯罪・セクハラ・ストーカー等の暴力に悩む女性に対して、「ひとりで悩まず、まずは相談してください」というメッセージを届けます。

パープルライトアップ実施場所(令和2年)

○ライトアップ

北本市役所庁舎、児童館前通路、2階児童館前スペース、3階児童館前スペース、市役所芝生広場、埼玉りそな銀行北本支店、武蔵野銀行北本支店、埼玉縣信用金庫北本支店、北本駅(東口・西口)ロータリー

○イルミネーション

北本市役所庁舎ホール一部

北本市役所ライトアップ

ライトアップ(北本市役所庁舎)

パネル展

北本市では、この期間中の11月16日(月曜日)~11月20日(金曜日)に、若者の間で問題となっている「デートDV]に焦点を当てたパネル展を実施し、女性に対する暴力をなくすための意識啓発を行います。

パネル展実施場所等

○場所 市役所庁舎1階ホール

○期間 11月16日(月曜日)13時~11月20日(金曜日)正午まで

 

 

関連リンク

一人で悩まないで!DVをなくそう

女性相談

お問い合わせ先
人権推進課人権推進・男女共同参画担当
〒364-8633
埼玉県北本市本町1-111
電話:048-594-5506
ファックス:048-592-5997
メールを送る