現在の位置

きたもとグリーンラボ(庁内プロジェクトチーム)

ぐりらぼろご

きたもとグリーンラボとは

緑を中心とした北本市の魅力を磨き上げ、発信していくことを目的に、令和元年7月に北本市役所庁内若手職員16名によって、立ち上げられたシティプロモーションを推進するためのプロジェクトチームです。

定期的に会議等を開催し、北本市の魅力を高めていきます。このページでは、プロジェクトチームの活動内容を随時報告します!

令和2年度

令和2年度第1回会議(令和2年6月)

第1回会議を6月8日に開催しました。
昨年度に引き続きシティプロモーションコンセプト「&green」を用いて、SDGs等の他事業とも関連付けながらシティプロモーション事業を行っていくことの確認を行いました。
また、令和3年度に市制50周年を迎えるにあたり、どのようなシティプロモーション事業を行っていくかグループに分かれ検討を行いました。

令和2年度第2回会議(令和2年7月)

第2回会議を7月16日に開催しました。
今回から、市制50周年事業として実施したい事業の具体的化を行うため、新たに3つのグループ【50周年イベントチーム、プレイベントチーム、北本駅及び駅周辺「&green」ジャックチーム】に分かれて検討を開始しました。

市のシティプロモーションコンセプト「&green」を軸とした事業内容の検討を、各チームごとに行いました。

また、実際に現地視察を行い、提案事業のイメージを膨らませるチームもありました。

北本駅視察(東口)

北本駅視察(西口)

令和2年度第3回会議(令和2年7月)

第3回会議を7月28日に開催しました。
前回定めた3つのグループ【50周年イベントチーム、プレイベントチーム、北本駅及び駅周辺「&green」ジャックチーム】に分かれて、事業の詳細検討を行いました。
50周年イベントチームは総合公園で大規模マーケット・音楽イベントを行いたい、プレイベントチームは包括協定を結ぶモンベルとの協働事業を行いたい、北本駅及び駅周辺「&green」ジャックチームは駅に周年記念フラッグを掲げたいなどの具体的なアイデアがあげられました。

令和2年度第4回会議(令和2年8月)

第4回会議を8月13日に開催しました。
3つのグループに分かれ、市長、副市長、広報アドバイザーの佐久間氏に各グループの提案発表を行いました。その中で、改善に向けたアドバイスをいただき、より現実的な事業執行に向け、改めて事業内容を見直してくこととしました。

令和2年度第5回会議(令和2年9月)

第5回会議を9月10日に開催しました。
前回の提案発表時における、指摘を受け、あらためて、予算編成に向け、事業詳細を詰める作業を行いました。

令和元年度

令和元年度第1回会議(令和元年7月)

第1回会議を7月30日に開催しました。
当日は最初に、市長より、プロジェクトチームへの期待、シティプロモーション活動の重要性について、担当部署である、企画課シティプロモーション担当職員より、北本市のシティプロモーションの現状について話がありました。
また、16名のチームメンバーが4つのチーム(1.職員の北本市への愛着向上、2.北本市民の北本市への愛着向上、3.市民の愛着を生かす場づくり、4.市民の熱や、市の魅力を発信)に分かれて活動することが決まりました。

令和元年度第2回会議(令和元年9月)

9月13日に開催された第2回会議では、当プロジェクトチーム名が検討され、ベットタウンでありながら、豊かな緑を残す点を北本市の大きな魅力と捉え、その魅力を基本にプロモーションを研究・実践するとして、「きたもとグリーンラボ」と決定しました。
また、第1回にチーム分けされた4チームごとに来年度事業を検討し、各チーム3事業程度の提案を行いました。

令和元年度第3回会議(令和元年11月)

11月8日に開催された第3回会議では、メンバー発案の来年度シティプロモーション事業についての予算編成状況報告、民間企業とのタイアップ事業の可能性検討、50周年事業の方向性の検討を行いました。

令和元年度第4回会議(令和2年3月)

3月17日に開催された第4回会議では、令和元年度のシティプロモーション事業の実績報告、令和2年度実施予定事業の説明、50周年記念事業検討に向けた事例紹介等を行いました。

グリーンラボ

お問い合わせ先
市長公室シティプロモーション・広報担当
〒364-8633
埼玉県北本市本町1-111
電話:048-511-9119
ファックス:048-592-5997
メールを送る