現在の位置

障がい者の福祉サービス 公共料金等の割引

JR(鉄道)運賃の割引

対象者・内容
区分 割引乗車券
の種類
割引率 取扱区間
第1種身体障がい者
第1種知的障がい者
(いずれも介護付)
普通乗車券
定期乗車券
回数乗車券
急行券
5割 全線
第1種身体障がい者
第1種知的障がい者
第2種身体障がい者
第2種知的障がい者
(いずれも単独)
普通乗車券 5割 JR、連絡会社線および行路の片道の
乗車距離が100キロメートルを超えるもの
12歳未満の第2種知的障がい児と
その介護者
定期乗車券 5割  

小児定期乗車券は割引されません。
私鉄についても、同様の割引を行っておりますが、乗車距離との関係で、その取扱いが若干異なる部分があります。詳しくは直接各社へお問い合わせください。

手続方法

手帳の提示のみで、割引が受けられます。
なお、大人で第1種の手帳をお持ちの人が、介護者とともに乗車する場合には、ご利用される乗車距離100キロメートルまで、自動券売機で小児乗車券を購入し、乗車できます(有人改札口をご利用ください)。

窓口

各JR窓口

バス運賃の割引

対象者

  1. 身体障害者手帳を持っている人
  2. 戦傷病者手帳を持っている人
  3. 療育手帳を持っている人
  4. 施設入所(児)者
  5. 精神障害者保健福祉手帳を持っている人

内容

県内を発着するバスを利用する場合、運賃の5割が割引されます。ただし、バスの定期券は3割引です。
第1種身体障がい者、療育手帳を持っている知的障がい者、要介護の施設入所者(児)、及び精神障害者保健福祉手帳を持っている人は付き添いの人も割引になります。

手続方法

手帳の提示のみで割引が受けられます(手帳に添付された写真による本人確認が必要な場合があります)。ただし、施設入所(児)者として割引を受ける場合は、施設長が発行するバス運賃割引証明書が必要です。

窓口

各バス会社

国内航空旅客運賃の割引

障がい者に対する航空旅客運賃の割引制度です。適用区間は、定期航空路線の国内線全区間となります。

航空運送事業者の割引制度となるためご利用については、各事業者にお問い合わせください。

対象者

満12歳以上で、身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳(注釈)の交付を受けている本人とその介護者1人

注釈 顔写真付き、かつ、搭乗日当日に手帳の有効期間内のもの

割引運賃等

割引運賃は、各航空運送事業者によって設定されており、事業者または路線によって異なりますので、各事業者にお問い合わせください

窓口

各航空会社

タクシー運賃の割引

対象者

身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳を持っている人

内容

身体障害者手帳、療育手帳もしくは精神障害者保健福祉手帳を提示することにより割引が受けられます。割引率は10%です。
割引該当の有無、内容については事業者により異なりますので、詳しくは各タクシー事業者にお問い合わせください。

窓口

各タクシー事業者

有料道路の割引

対象者

  1. 障がい者本人が運転する場合
    ・身体障害者手帳を持っている人
  2. 障がい者本人以外の人が運転し、障がい者本人が同乗する場合
    ・身体障害者手帳を持っている人のうち、種別が第1種の人
    ・療育手帳を持っている人のうち、障害程度が(イラスト)まるA・Aの人

内容

料金を支払う際に、あらかじめ「有料道路割引」の押印を受けた身体障害者手帳または療育手帳を提示し、自動車登録番号などの確認を受けて割引を受けることとなります。ETCを利用する場合も事前に登録をしてから割引を受けることとなります。割引率は50%となります(高速自動車国道等では50円未満切り上げ、一般有料道路では10円未満切り上げとなります)。

登録手続

登録に必要な書類は次の表のとおりです。
なお、ETCを利用する場合には、事前にETCを取り付けておくことが必要になります。

必要書類等
項目 必要書類等
ETCを
利用しない場合
  1. 身体障害者手帳または療育手帳
  2. 自動車検査証
  3. 運転免許証(障がい者ご本人が運転する場合のみ)
ETCを
利用する場合
  1. 身体障害者手帳または療育手帳
  2. 自動車検査証
  3. 運転免許証(障がい者ご本人が運転する場合のみ)
  4. ETCカード(原則、本人名義のもの)
  5. ETC車載器セットアップ申込書・証明書

窓口

障がい福祉課(電話:048-594-5535)

駐車禁止適用除外

対象者
対象者 備考
身体障害者手帳の交付を受けている人 別表に該当する障がいを有し、歩行が困難と認められる人
療育手帳の交付を受けている人 重度(療育手帳の(イラスト)まるA・A)の障がいを有する人
精神障害者保健福祉手帳の交付を受けている人 1級の障がいを有する人
小児慢性特定疾患児手帳の交付を受けている人 色素性乾皮症に該当する人
戦傷病者手帳の交付を受けている人 別表に掲げる障がいを有し、歩行が困難と認められる人

別表

身体障害者手帳

身体障害者手帳の方の障害別区分
障害の区分 障害の級別
視覚障害 1級〜3級までの各級及び4級の1
聴覚障害 2級及び3級
平衡機能障害 3級
上肢不自由 1級、2級の1及び2級の2
下肢不自由 1級から4級までの各級
体幹不自由 1級から3級までの各級
乳幼児期以前の非進行性の脳病変による運動機能障害 上肢機能:1級・2級
移動機能:1級〜4級までの各級
心臓・じん臓・呼吸器・ぼうこう又は直腸・小腸機能障害 1級〜3級
ヒト免疫不全ウイルスによる免疫・肝臓機能障害 1級〜3級までの各級

戦傷病者手帳

戦傷病者手帳の方の障害別区分
障害の区分 障害の級別
上肢・下肢機能障害・心臓・じん臓・呼吸器・ぼうこう又は直腸・小腸・肝臓機能障害 特別項症から第3項症までの各項症
視覚・聴覚・平衡・体幹機能障害 特別項症から第4項症までの各項症

内容

標章を掲出している場合は、駐車禁止区域内(法定禁止区域内を除く。)でも、他の交通の妨げにならなければ駐車できます。

窓口

各警察署交通課(鴻巣警察署 電話:048-543-0110(代))

NHK受信料の減免

対象者・内容
全額免除 半額免除
  1. 「身体障がい者」「知的障がい者」「精神障がい者」が世帯構成員であり、世帯全員が市町村民税(住民税)非課税の場合
  1. 視覚・聴覚障がい者が世帯主の場合
  2. 重度の障がい者(身体障がい者、知的障がい者、精神障がい者)が世帯主の場合

窓口

障がい福祉課(電話:048-594-5535)

問合せ

  • NHKさいたま西営業センター(電話:049-246-3111)
  • NHKふれあいセンター(電話:0570-077-077)

NTT番号案内の料金免除

対象者

  1. 身体障害者手帳を持っている人で視覚障害1級〜6級又は、肢体不自由(上肢、体幹、乳幼児期以前の非進行性の脳病変による運動機能障害)1級、2級の人
  2. 療育手帳を持っている人
  3. 精神障害者保健福祉手帳を持っている人

内容

104番を利用する際、あらかじめ登録された電話番号と暗証番号を申し出ることにより無料となります。

窓口

NTT各事業所

携帯電話基本使用料等の割引

対象者

身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳を持っている人

内容

基本使用料 割引率50%
通話料等  割引率20〜50%
割引の内容については、事業者により異なりますので、詳しくは各携帯電話事業者にお問い合わせください。

問合せ

各携帯電話事業者

公共施設使用料等の減免

対象

身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳を持っている人

内容

埼玉県内の公共施設を利用するとき、使用料等を減免している施設がありますので、詳しくは直接施設へお問い合わせください。

お問い合わせ先
障がい福祉課給付担当
〒364-8633
埼玉県北本市本町1-111
電話:048-594-5504
ファックス:048-593-2862
メールを送る