現在の位置

子宮頸がんワクチン予防接種

 平成25年4月1日から、小学6年生〜高校1年生相当の女性を対象に、法律に基づき実施している「子宮頸がんワクチン(ヒトパピローマウイルスワクチン)予防接種」に関し、6月14日に厚生労働省から、「当面の間、積極的な勧奨を行わないこと」とする旨、通知がありました。これは、ワクチン接種後の様々な反応の発現状況が明らかになるまでの間の措置です。市から個別の勧奨通知等は行いませんが、希望される場合は、今までどおり接種することは可能です。
 接種の有効性とリスクをよくご理解のうえ、接種についてご判断ください。詳しくは下記サイトをご覧ください。
 今後、新しい情報が入り次第、市ホームページ等でお知らせいたします。

ヒトパピローマウイルス感染症の定期接種の対応については (厚生労働省ホームページ) 、下記よりご参照ください。

ヒトパピローマウイルス感染症の定期接種の対応について(勧告)