現在の位置

北本市高齢者福祉計画2015・第6期介護保険計画(案)の意見募集結果を公表します

北本市高齢者福祉計画2015・第6期介護保険計画(案)の意見募集結果を公表します の詳細
案件名 北本市高齢者福祉計画2015・第6期介護保険計画(案)の意見募集結果を公表します
募集期間 募集は終了しました。
担当課 高齢介護課
提出された意見数 16件

募集の趣旨

「北本市高齢者福祉計画2015・第6期介護保険事業計画」を策定するにあたり、皆様から意見を求めたものです。

資料の閲覧方法

北本市ホームページ、市政情報コーナー、北本市役所高齢介護課でご覧いただきました。

提出方法

郵便、メール、ファックス、直参

提出方法の詳細
提出方法 提出先
持参

北本市役所高齢介護課

郵送

〒364-8633 埼玉県北本市本町1-111 北本市役所高齢介護課

ファックス

048-593-2862

電子メール

下記お問い合わせ先の「メールを送る」より送信

寄せられた意見と、それに対する市の考え方

意見募集期間

平成26年12月9日(火曜日)~平成27年1月9日(金曜日)

意見提出者数

6人

意見件数

16件

意見提出方法の内訳

郵便 0件、 ファクシミリ 3件、 電子メール 0件、 直接書面による提出3件

意見内容

パブリックコメント意見と対応

 

パブリックコメント意見と対応

意見

対応

「(P25,33,34)地域包括支援センターが主体と...」という文章を、「市が責任主体であるため市・地域包括支援センターが主体と...」という文章にしてはどうか。

「市・地域包括支援センターを中心に」に修正

しました。

(P35)ケア会議の開催主体を明記すべき。また、説明図が別のページでわかりづらい。

ご指摘のとおり修正しました。

第2部第3章地域ケアシステムの構築、第1節地域支援体制の充実、第2節介護予防の推進について、公民館を拠点とした相談センターを設置してほしい。コーデイネーターとして地域支援推進員の配置をしてほしい。

日常生活圏域ごとに地域包括支援センターを設置します。

第2部第3章地域ケアシステムの構築、第1節地域支援体制の充実、第2節介護予防の推進について、「暮らしサポートセンター」を空き店舗や公民館に開設して、通所型予防サービス、訪問型予防サービス、生活支援サービスを立ち上げて提供してほしい。

介護予防・日常生活支援総合事業の中で対応していきます。

第2部第3章地域ケアシステムの構築、第1節地域支援体制の充実、第2節介護予防の推進について、一般介護予防事業として、高齢者のための健康づくりプログラムを年間計画に入れてほしい。

介護予防・日常生活支援総合事業の中で対応していきます。

第2部第3章地域ケアシステムの構築、第1節地域支援体制の充実、第2節介護予防の推進について、ボランテイア養成に努めてほしい。

介護予防・日常生活支援総合事業の中で対応していきます。

第2部第3章地域ケアシステムの構築、第1節地域支援体制の充実、第2節介護予防の推進について、社会福祉協議会8支部社協、8コミニュテイに働きかけて、介護予防、交流の場を計画してもらいたい。

介護予防・日常生活支援総合事業の中で対応していきます。

第2部第3章地域ケアシステムの構築、第1節地域支援体制の充実、第2節介護予防の推進について、地域支援体制を一体化するため、地域福祉の専門部署を開設してほしい。

現在の組織体制で対応する予定であるため、原案のとおり変更いたしません。

第2部第3章地域ケアシステムの構築、第4節認知症施策の推進について、認知症サポーター養成の取り組みを生かしてほしい。

新オレンジプランを尊重して文章を入れ込み、認知症サポーター養成は引続き推進するよう努めます。

第2部第3章地域ケアシステムの構築、第4節認知症施策の推進について、認知症地域支援推進員を地域包括支援センターに配置してほしい。

認知症地域支援推進員を地域包括支援センターに配置を予定しています。

第2部第3章地域ケアシステムの構築、第4節認知症施策の推進について、認知症の家族のレスパイトは大切で要支援者の訪問、通所介護は切り捨てないほしい。

要支援者を切り捨てるのではく、制度改革に伴い、介護予防・日常生活支援総合事業で取組みます。

地域ケアシステムの構築 第5節 生活支援・介護予防サービスの基盤整備について、4生活圏域ごとに地域包括支援センターの増設してほしい。

日常生活圏域ごとに地域包括支援センターを設置します。

地域ケアシステムの構築 第5節 生活支援・介護予防サービスの基盤整備について、西部・公団・南部西に早急に設立して、地域支援事業を開始してほしい。

28年度より開始します

地域ケアシステムの構築 第5節 生活支援・介護予防サービスの基盤整備について、地域支援センター理解しにくい。名称を替えてはどうか。

名称の変更はせずに、周知を推進します。

第4節認知症施策の推進について、若年性認知症や脳卒中の後遺症による高次脳機能障害に対する理解の啓発に取り組むとともに、予防・早期発見・早期対応等の支援を入れ込んでほしい。

若年性認知症についてP42に追加しました。高次脳機能障害は障がい者福祉計画で対応します。

第4節認知症施策の推進について、障害福祉分野の事業との連携を強化してほしい。

引き続き庁内の連携に努めます。

地域密着特別養護老人ホームの整備と、社会福祉法人を設立する予定である。

施設の整備については関係各課と調整してください。

 

 

お問い合わせ先
高齢介護課高齢者福祉担当
〒364-8633
埼玉県北本市本町1-111
電話:048-594-5539
ファックス:048-593-2862
メールを送る