現在の位置

心理教育プログラム「びーらぶ」

 DV被害を受けた母親とその子どもは、身体だけでなく心に大きな傷を負い、暴力から逃れた後もさまざまな問題を抱えています。びーらぶプログラムは心理療法やカウンセリングではなく、暴力についての情報提供とそれについての対処スキル等を学ぶ心理教育プログラムです。
 このプログラムではDV被害を受けた女性とその子どもが同時に学ぶことができます。子どもは遊びや人形劇を通じて「大切な存在である自分」に気づき「暴力的でない関係の作り方」を体験し、母親はプログラムに参加することで「自分の力を取り戻して」いきます。
 この事業はDV被害母子への心のケアと自立支援の一環で県が主催し、市が共催し実施しています。

心理教育プログラム「びーらぶ」
対象

DV加害者と離れて暮らしている女性とその子ども(各回1名)
※離婚が成立しているか、元には戻らないという意思がある方
   治療中またはカウンセリング中の方は医師、カウンセラーの了解をとってください。
   お子様については就学前(年中・年長学年)、小学校低学年(1・2・3年生)コースがあります。

日程 7月より順次開催。下記パンフレットを参照してください。
会場 県内5会場
※申し込んだ方のみお知らせします。
参加費 無料
託児所 あり(無料、詳細はお問い合わせください。)
申込方法

下記書類をファックス(048-830-4755)又は電子メール(a2920-04@pref.saitama.lg.jp)にて埼玉県男女共同参画課DV対策担当へ。

問い合わせ先

主   催:埼玉県県民生活部男女共同参画課DV対策担当 電話048-830-2925
           (参加申込み・会場等に関する問い合わせ先 )
共   催:県内全市町村
実施者:特定非営利活動法人パープルネットさいたま(県委託)電話048-858-5082
            (プログラム内容・託児に関する問い合わせ先)

 

心理教育プログラム「びーらぶ」パンフレット(申込書)(PDF:1.4MB)

DV被害母子への心のケアと自立支援(埼玉県ホームページ)

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。