現在の位置

北本市防災訓練を実施しました(2018年)

自主防災組織、公共機関にご協力をいただき、体験できる防災訓練を実施しました。お子様でも楽しみながら学べるブースをご用意したところ、例年より50%ほど多い936名の方にご来場いただきました。ありがとうございました。

実施日

平成30年8月19日(日曜日)午前9時30分から午前11時

会場および訓練内容

メイン会場

北本市役所(本町1丁目111番地)

今年はスタンプラリーで、お子様も参加できる訓練や各防災関係団体による各種展示をご覧いただいた方に、炊出しのトマトカレーを配布しました。

下記の訓練の中で、特に炊出し訓練のカレーがおいしかった、新聞紙で器を作ったことがよかった等のご意見をいただきました。

【訓練の内容】

  • こども消防団放水訓練
  • 高所放水訓練(はしご車からの放水)
  • 転倒家具からの救出訓練
  • AEDを使用した救命訓練
  • 煙体験訓練
  • 家具転倒防止コーナー
  • その他、防災関係団体による防災体験コーナーや各種展示コーナー

 

避難所運営訓練会場

文化センター(本町1丁目2番地1)

初めて、自主防災会の皆さんと市の職員で広域避難所運営訓練を行いました。

「避難所運営訓練」とは、さまざまな事情を抱える避難者をどのように避難していただくかをカードゲーム形式で学ぶ訓練で、「訓練を通して、避難者によって事情が異なることに初めて気が付いた」「短い時間で決断する必要があり、難しかった」などの感想が寄せられました。

 

安否確認(タオル掲示)訓練

災害が発生した時、自主防災会の初動の取り組みとして、地域の安否確認を速やかに行うことが重要です。

速やかに安否確認を行う訓練として、自主防災会の皆さんのお声掛けいただき、地域全体でタオルを掲示する訓練を行っていただきました。

この訓練へは自主防災会23団体、2,745世帯の方にご参加いただきました。ご協力ありがとうございました。

各種訓練の様子

家具転倒防止

タンスなどの家具が倒れてきたらどうなってしまうのか、どうしたら家具を固定できるかをおもちゃを使って学びました。

救出訓練

倒れてきたタンスに挟まれた人を助ける訓練を行いました。

タンスを持ち上げるために、自動車に積んであるジャッキやバールを使う方法を学びました。

救命訓練

 

呼吸や心臓が止まった人に行う「心肺蘇生法」の訓練を行いました。

人工呼吸や心臓マッサージに加え、AEDの使い方を学びました。

参加者からは「電気ショックが必要かどうかを、AEDが自動で判断してくれると聞いて安心した」などの感想がありました。

消火訓練

消防車のホースや消火器を使った消火訓練を行いました。

消防団や北本消防署の皆さんのご協力をいただき、消防車を操れる貴重な体験ができました。

新聞紙で食器作り

大きな地震が起こると、食器が食器棚から飛び出したり、食器棚の中で割れてしまうことがあります。

そういった場合に備え、新聞紙で食器を作る訓練を行いました。

 

埼玉県 紙食器の作り方

http://www.pref.saitama.lg.jp/a0401/documents/3-3ksk_howtomakesheet.pdf

炊出し訓練(トマトカレー)

今回の防災訓練では、スタンプラリーを行い、スタンプを集めた方へ炊出しのトマトカレーを配布しました。

トマトカレーは、上記の「新聞紙で食器作り」で作った食器にポリ袋を被せたお皿に配布しました。

最低限、知っておくべき3つの自助

防災でもっとも大事なのは、自分で災害に備えることです。

最低限、3つの自助「家具の固定」、「備蓄」、「非常時の連絡手段」を確認しておきましょう。

 

埼玉県 防災マニュアルブック

https://www.pref.saitama.lg.jp/a0401/documents/201604saitamabo-sai_manual_book.pdf

お問い合わせ先
くらし安全課危機管理・消防防災担当
〒364-8633
埼玉県北本市本町1-111
電話:048-594-5523
ファックス:048-592-5997
メールを送る

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。